こんなにある!豊富な古銭の種類を紹介しましょう

江戸時代以前の古銭にもいろいろなものがある!

古銭とは、簡単に言うと現在では製造されていない貨幣や紙幣のことを指します。しかし一口に「古銭」といっても、古銭には実にさまざまな種類があるんです。一体どれくらいの種類があるのでしょうか?
時代によっておおまかに分類すると、古銭は江戸時代以前に作られたもの、明治時代から第2次世界大戦前ごろまでに作られた近代銭、そして第2次世界大戦後に製造されたものに分けることができます。
江戸時代以前に作られた古銭は、穴の開いた「穴銭」、大判・小判のような金貨、一分銀などに代表される銀貨、そして藩札などの紙幣があります。
穴銭は、奈良時代に作られた和同開珎が最初の流通貨幣とされ、以降江戸時代までさまざまなものが作られています。なかでも代表的な穴銭は、江戸時代の「寛永通宝」ですが、当時沢山作られて今でも大量に残っているためそれほど古銭としての価値は高くありません。
また、江戸時代には貨幣ではなく玩具や祭事用として作られた「絵銭」や「宮銭」があり、古銭マニアの間では珍重されています。これ以外にも主に中国から輸入されて使われていた古銭や、当時は琉球王国であった沖縄で使用されていた古銭なども出てくることがあるようです。

明治以降に作られた近・現代の古銭とは!?

明治時代以降に、西洋の貨幣制度を取り入れて発行されはじめたのが近代銭です。
近代銭には1円金貨・銀貨をはじめとして1銭・1厘銅貨などさまざまな種類のものがあります。近代銭の金貨や銀貨はとても人気が高く、価値の高いものが多くあります。中でも「1円銀貨」の人気は高く、「円銀」の名前でコレクターの間では親しまれているようです。
そして第2次世界大戦以降に発行された硬貨や紙幣でも、古銭として取り扱われるものがあります。オリンピックなどを記念して発行された記念硬貨や、現在では発行をやめてしまった古い硬貨・紙幣、そして発行枚数の少ない年度の硬貨も「古銭」として取引されています。
また滅多に見つかることはありませんが、例えば50円玉の穴の位置がずれたりした「エラーコイン」もオークションなどで高値で取引されることがあります。いかがでしたか?もしかしたらあなたのお家や財布の中にも、意外な古銭が眠っているかもしれませんね!